Völuspá 52

Surtr ferr sunnan
með sviga lævi,
skínn af sverði
sól valtíva;
grjótbjörg gnata,
en gífr rata,
troða halir helveg,
en himinn klofnar.

スルトルは南から行く
笞の死体と共に、
剣を照らす
太陽は死の神の。
岩石を砕く
そして、魔物は道を見つける。
人々は、ヘルへの道を歩き、
そして、天は割れる。

笞の血肉を伴い、スルトルは南より進み、
太陽はワルティーウィ(valtívi/死者の神)の剣を照らす。

岩石は砕けて、ギーヴル(gífr/魔物)はさすらい、
天空は割れて、人々はヘルウェグル(helvegr/黄泉路)に歩いていく。

「岩(=障害物)が砕かれる」+「天空が割れる」及び、「道を探しながら進む」+「(普通に)歩いて行く」のが対になっている。そして、この節は頭韻も満点である。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: