Völuspá 51

Kjóll ferr austan,
koma munu Múspells
of lög lýðir,
en Loki stýrir;
fara fíflmegir
með freka allir,
þeim er bróðir
Býleists í för.

竜骨は東から移動し、
ムースペルルに来ると考る
人々の運命について、
そしてロキはかき回す。
怪人たちは移動する
全ての困難を伴って、
兄弟は彼を
旅の中にビーレイストルの

of lög lýðir,
en Loki stýrir;

2行目と3行目は、「韻を踏むために仕方なくそれぞれの行に配置された」と考えると、より綺麗に配置しなおすことができる。すなわち、散文風にならべると次のようになる。

Múspells lög munu koma of lýðir,

The law of Muspell is planning to come to people.

それぞれの名詞の格(Múspells、lög、lýðir)を考えても、ほぼ確定的な語順だと思う。そして、これは、

と誂えたように一致してしまう。

さらに言うと、

も、一致しているのだが、こちらは、まあ、偶然で片付けられる範囲だろう。

いずれにせよ、ここで語られているMúspellは

という2点は確実だと思われる。具体的に、ここから何を想像するだろうか?

竜骨は東から進む。
ムースペルル(Múspell)の定めは、人々に寄ってこようとする。
そして、ロキはかき回す。

フィーヴルメギル(fíflmegir/野蛮人たち)は、
あらゆる困難をものともせずに進む。
その旅には、ビーレイストル(Býleistr/蜂の足)の兄弟がいる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: