Völuspá 36

Á fellur austan
um eitrdala
söxum ok sverðum,
Slíðr heitir sú.

東から落ちる川 エイトルダレ(eitrdale/毒の谷)を通って
サクスと剣に、 これをスリズル(Slíðr/恐怖)と呼ぶ。

その川は、東よりエイトルダレ(eitrdale/毒の谷)を通り、
片刃の剣と両刃の剣に流れ落ちている。
名をスリズル(Slíðr/恐怖)という。

地理的な話なのだが、あまりにも脈絡がなさ過ぎて対処に困る。

“söxum ok sverðum”(「ナイフと剣」)も、何か地形的な隠喩だとは思うが(岩の形とか、中州の形とか)、全く手がかりはない。複数与格なので、特定の地形だと思うのだが、「(流氷や流木のようなもの)流す」、という解釈でも文法的にはおかしくないはずなので、なんとも困る。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: