Völuspá 26

Þórr einn þar vá
þrunginn móði,
– hann sjaldan sitr –
er hann slíkt of fregn -:
á gengusk eiðar,
orð ok særi,
mál öll meginlig,
er á meðal fóru.

そこで、トール一人が 心を膨らませた
–彼はめったにじっとしていられない、 このような知らせを受けて–。
誓いを破ること、 言葉と誓い
全てを力強く言った、 人々に向かって行って。

トールはこのような事態に
黙っておられず憤った。
人々の前に進み出て、
破られた誓いの全てを大声で述べた。

今までの節で一番難しい。とにかく、曖昧な意味の単語が多くて解釈が玉虫色である。大意はトール(ソール)が会議で反対したということだと思うが、あまり自信はない。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: